読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yasuo's Notebook

ソフトウェア開発の話題が中心の備忘録です。

10/11(土)にAgileTourOsaka2014を開催します!

10/11(土)の12:00〜16:30にAgileTourOsaka2014を開催します。
AgileTourは世界中で10月〜12月にアジャイルのイベントを開催しようという世界規模の取り組みです。日本ではAgileTourOsakaが過去に4回開催されています。

今回のAgileTourOsakaはパタンについて取り上げます。
パタンとアジャイル開発の関わりは強く、

Amazon.co.jp: パターン、Wiki、XP ~時を超えた創造の原則 (WEB+DB PRESS plusシリーズ): 江渡 浩一郎: 本

Amazon.co.jp: 組織パターン (Object Oriented SELECTION): James O. Coplien, Neil B.Harrison, ジェームス・コプリエン, ニール・ハリソン, 和智 右桂: 本

Amazon.co.jp: Fearless Change アジャイルに効く アイデアを組織に広めるための48のパターン: Mary Lynn Manns, Linda Rising, 川口 恭伸, 木村 卓央, 高江洲 睦, 高橋 一貴, 中込 大祐, 安井 力, 山口 鉄平, 角 征典: 本

など両者を結びつける書籍が刊行されています。

また、アジャイル以外では、設計におけるデザインパタンは有名ですが、ラーニング・パターン (Learning Patterns)プレゼンテーション・パターン (Presentation Patterns)のようなソフトウェア開発以外に適用できるようなものもあります。

以前から私は、関西でパタンの勉強会をやりたいと懸田さんに相談していたのですが、今回それを実現することができました。懸田さんにはワークショップをしていただきます。
その後、関西からのスピーカとして@Posauneさんにテスト自動化のパタンについてお話しいただきます。
このテスト自動化のパタンは、
6月28日 Asian Automation Alliance ~自動化を語り合おう!(2014/06/28)(兵庫県)で紹介されたものをベースにお話していただきますが、懸田さんのワークショップを体験した後のセッションということで、より理解が深まるのでは、と期待しています。

また、AgileTourOsaka2014と同日の午前中に、
10月11日 @haradakiroと行くパタン探しというイベントを企画しています。
こちらは、@haradakiroさんと一緒に伊丹市街をあるき街の中でパタンを探すという内容です。
AgileTourOsaka2014の最後のディスカッションの中で、見つけたパタンを紹介していただく計画にしています。

今回のAgileTourOsakaも面白い内容になっていますので、是非、参加をお願いします!