読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yasuo's Notebook

ソフトウェア開発の話題が中心の備忘録です。

AgileJapan2012が大阪で開催。見所を紹介します

毎年、全国のアジャイル開発に興味をもつ人々が集うカンファレンスであるAgileJapanが今年は大阪で開催されます。昨年は大阪はサテライト会場でしたが今年は大阪が本会場です。

アジャイルジャパン公式サイト|Agile Japan

私もセッションの企画などでお手伝いをさせていただいています。
イベントの紹介や見所について既に平鍋さん倉貫さんが紹介してくださっています。

Agile Japan 2012 Preview (1):An Agile Way:ITmedia オルタナティブ・ブログ
Agile Japan(アジャイルジャパン)2012が開催されます - Social Change!
「価値創造契約」と「納品のない受託開発」そして二人の男の運命~アジャイルジャパンの見どころ - Social Change!

私が特におすすめしたいセッションは、吉羽さんの「アジャイルな開発からアジャイルな組織へ ~ 継続的に価値を届けるために進むべき道 ~」です。
昨年のAgileTourOsaka2011では、アジャイルと組織についてのお話を関西でしていただきたくて、講演をお願いしたという経緯もあります。
組織のあり方というものは、不満はあっても自分のコントロール外であると感じている方も多いと思います。今いる組織の枠組みの中でしか改善ができず制約の多さに行き詰まりを感じている方も多いのでは無いでしょうか?「アジャイルな組織とは何か?」を真剣に考えることは、アジャイルが目指す本質を掴むキッカケになると思います。そしてその本質に近づく糸口は、きっと皆さんの組織の中にもあるはずです。この糸口は、とても微かなものであるかもしれません。この微かな糸口は、自分が求め、探し続けることできっと見つけることができます。糸口を見つけたら見逃さずに少しづつでも良いから自分から改善していけば良いのです。それをあきらめずに継続していくことで、知らず知らずのうちに周りに影響を広げていき、確かな感触が得られる瞬間に出会えるはずです。組織のことで行き詰まっている方は是非、このセッションで自分が組織を変えていく一歩を踏み出すキッカケを掴んでいただけると幸いです。

もう一つ、私が担当しているセッション「DEEP AGILE PEOPLE」を紹介します。この名称を見てピンときた人もいるかもしれませんが、「ディープピープル[DEEP PEOPLE])」というテレビ番組からヒントを得て企画したセッションです。この番組では、ある道で第一線で活躍する3人の出演者が司会者等を介さずに、テーマ毎にマニアックで深い議論を展開します。今回のセッションでも異なる”深さ”を持つ出演者(牛尾さん原田さん川端さん)がそれぞれのテーマに対して深堀します。通常のパネルでは聞けないような深い話を皆さんにお届けできればと思っています。進行・解説には、私の他に森崎さんが担当してくださります。森崎さんの解説も見所です。

他にもたくさんの見所があります。マルチセッションなのでどれを選ぶか悩んでしまうほど豊富なコンテンツが揃いました。
2/17(あと7日!)までは、早割で参加費が半額です。ペア割りだと2人で7500円ととても安価です。
この機会に是非、Agile Japan2012にお越し下さい!